カニ通販ランキング【おすすめのカニ通販を紹介!ぷりぷりのカニを食べよう♪】

トップページ >> タラバガニを切るのに良い包丁は?

タラバガニを切るのに良い包丁は?

タラバガニをさばく時に使う道具はいろいろありますが人それぞれのようです。 包丁かハサミのどちらかを使う場合がほとんどですが、足のみを食べる時にはカニ専用の専用さじでほじり出す人もいるようです。

ハサミもカニ専用のものも売られていますが普通のキッチンバサミで充分です。消耗は早いかもしれませんが100均に売っているものでも意外といけます^^

包丁を使う時は力が入りすぎて思わぬケガをする事がありますので充分気をつけましょう。特に柄の材質が木のもので木が腐りかけてゆるんでいるものはさばいている時に外れてしまうこともあり、とても危険ですので使う前には確認しましょう。

カニの殻は固いので包丁の刃が欠けてしまう事もありますので出刃包丁の方が向いていますが、足の付け根を切るときやフンドシ、ガラなどの細かい部分を切る時は一般的な文化包丁が向いていますので、両方お持ちでしたらうまく使い分けるといいと思います。

包丁を切る向きは安全の為に手前から向こう側へ、または上から下へ切るように使いましょう。
またさばいている時にカニの汁が飛び散りますのでまな板の下に新聞紙を広げておくと後片付けが楽ですよ^^

タラバガニを切るときの包丁についてのまとめ

・殻は出刃包丁、足の付け根やフンドシやガラなど細かい部分を切る時は文化包丁
・柄の材質が木のものは、柄が腐りかけていないか注意!
・ケガをしないように、手前から向こう側へ、上から下へ切る

Page Top ▲